TEL:055-244-3350

ロボット教室

プログラミング教室

未来の技術者を育てるITプロジェクト

2020年より新しい学習指導要領「プログラミング教育」が導入されます。身につけるのは、

プログラミング言語ではなく、プログラミング的思考(オブジェクト思考)であります。

ITを活用して課題を解決する力や論理的に思考する力を育むことです。

これから時代は、人材が足りなくなります。技術者を育てようと、学校教育に入ってきます。

国もバックアップをしてくれ、学校など教育機関に導入されます。

ものづくり

しくみを理解し、立体的に考える力を養う

つくる喜び、動く感動、そだつ好奇心

ロボット作りを通じて、作る喜び、感動、

仕組みに対する理解、想像する力を鍛えていきます。

子どもたちに驚きと感動を提供します。

「ロボット」を作る そこにはワクワクする期待感があります。

好奇心の芽を育て、開花させていくために、毎回自分の手でロボット作りにチャレンジ。このチャレンジを通じて、作りあげていく喜びを感じ、予想とは違う動き方に驚き、組み立てるための工夫を発見するでしょう。

自ら手を動かし、夢中になって頭を働かせる。その繰り返しが理科や化学に対する興味を膨らませ、様々な力を伸ばしていきます。

テキストをみて、試行錯誤しながらロボットを作ります。完成したときの感動や動いた時の驚きが、子どもたちのサイエンスへの興味を引き出します。

ロボットの動きを生み出す構造を、テキストを通して学びます。「もっと早く走らせるには?」「もっと違う動きをさせるには?」など、工夫を重ねながら自由にロボットを改造します。

しくみづくり

「ロボットと一緒に生きていく」そんな時代がやってくる!

ビジュアルプログラミングソフト(Scratch)を使用して、プログラミングの考え方を学び、

実際にゲームやグラフィックなどを作成していきます。

Scratchの他にも、電子制御をコントロールする基盤RaspberryPiやArduinoを使用し、

制御プログラミングについても学びます。

Scratch(スクラッチ)を使ってプログラミングに必要な考え方を学ぶコースです。

制御基板と連動したビジュアルプログラムを使い、動きのない物体に動きをつけていきます。

AndroidSDK・Unityを使ってスマホアプリ、PCアプリを作ります。言語の勉強をしながら1作品を作っていきます。

職場の中で技術者が集まり、作成していく環境を想定しながら、「自立型ロボット」の制作をしていきます。

各パーツ毎の作成に別れ、協力して1つの物を共同で作り上げていくコースです。

ものづくりから、しくみづくりまで一緒に、

ペアーレLaboでできます。

自ら課題を発見し、解決するために必要な「思考力」「判断力」「表現力」などの能力や、

主体性を持って多様な人々と協業しながら学ぶ姿勢が重視されます。

考える時間を多く設け、育成に重きを置き、育みます。これらの能力はプログラミング教育で伸ばせます。

制御プログラミングコース、ソフト開発教室、共同開発プロジェクツへと、

プログラミングを学び将来の技術者を目指すための教室を用意しております。

お子様にぜひ 体験をお勧めし、お声掛けください。